[`yahoo` not found]
Pocket

75a7dc24a427683d8443df4340b7745b_s

フロントエンドとバックエンドとは何か?

平たく言えばフロントエンドとは、無料の体験版や格安商品を販売して集客すること。利益はほとんど出ません。

バックエンドとは、フロントエンドの後に商品やサービスを販売することで、高価な商品や本来売りたい商品を売り、利益を追求します。

最近のビジネスでは、入り口は無料、または格安にしておいて、その商品の良さを体験してもらってから、有料の商品、高額商品を買ってもらうというやり方は、様々なビジネスで使われています。

ある程度高額な商品だと、買う側が躊躇して、なかなか買ってくれません。
「これは本当に買ってよいのだろうか? 本当に価値はあるのだろうか?」
というふうに慎重になってしまうのは人間の心理としては当たり前のことです。

無料や格安でお客さんを引き付けておいて、少しずつお客さんの財布のひもを緩めていくというのが今のビジネスでは、不可欠になってきています。

フロントエンド

ネットビジネスでいえば、メールアドレス登録特典で無料の商品を配布したり、安い商品を販売します。これがフロントエンドです。フロントエンドでは、有料並みの価値がある商品を無料で配布して、集客しお客さんを信用させていきます。

フロントエンドは相当配布数を出してお客さんに体験してもらいバックエンドに誘導していく必要があります。広告費をかけて販売する場合もあります。フロントエンドの商品をインフォトップで取り扱ってもらうための手数料、広告費等など販売の経費を等を考えるとほとんど利益が出ません。場合によっては赤字です。

バックエンドで本当に売りたい商品を買ってもらうために、フロントエンドで提供する商品は質の高いものを作っていく必要があります。

バックエンド

フロントエンドの利益回収も含めて、高額商品を販売します。

ネットにビジネスのコンサル塾では、無料のテンプレート配布や動画などでお客さんを引き付けておいて、バックエンドで30万円、100万円の高額コンサルを販売しているところがあります。
実際、私が最初に受けたコンサル塾もそうでした。

無料の登録特典で集客しておいて、月収30万円を稼ぐ通常コースが受講料約30万円で販売。申し込むとさらに月収100万円稼ぐコースというのがあって受講料約50万で販売。その上には月収300万円稼ぐコースが受講料100万超で販売とバックエンドが何段階にもなっていました。

ネットビジネスのコンサル塾ではこのようにバックエンドで、2段階、3段階の設定で高額塾を販売しているところが少なくありません。

バックエンドの商品は何種類も用意していることが利益に結びついていきます。

フロントエンドとバックエンドを使った販売の例


1スーパーやデパートの試食
最もメジャーなフロントエンドはスーパーやデパートの試食です。
「自社の商品をまずは試食してください」というものです。他にも化粧品やシャンプーの無料試供品などがあります。無料で試食、体験してもらい、商品を売り込みます。
実際に商品を目で見て、食べて、使ってもらったほうが、成約率があがります。

2オンラインゲームでの使われ方
ゲームのプレイは無料。で有料アイテム制というゲームは今やオンラインゲームの主流です。

フロントエンド:ゲームプレイ無料&様々な登録特典
バックエンド:有料キャラを強くするためにアイテム販売


入り口は無料にしておいて、登録で様々なアイテムやキャラがもらえる、無料でガチャが回せるなどの特典付きで集客を行っていることも少なくありません。

課金しないとキャラが強くなれないというバックエンドを作り、しっかり利益をだす仕組みになっています。

3エステでの使われ方

痩身エステ、脱毛エステなどありますが、体験コース3000円というのを聞いたことがある方はいらっしゃるのではないでしょうか?

フロントエンド:3000円体験コース
バックエンド:数十万円の正規契約コース


3000円格安の体験コースはきっちり3000円しか取らないで、体験コース終了後にお客さんに数十万円する正規の契約コースを勧めてきます。

4レンタルサーバーの販売での使われ方

私たちがサイトを作成するうえで必要なレンタルサーバー。Xサーバーのサイトに行くと、10日無料体験というのがあります。10日間無料体験使用してもらい6カ月とか1年とかの契約に結びつけるためのものです。

フロントエンド:10日無料体験
バックエンド:6カ月契約、12カ月契約、36カ月契約など


より一歩踏み込んだフロントエンド


さらにより発展的なものになると、
「万が一商品が気に入らなかった場合、30日間に限り商品の返品を受け付けます」
というものがあります。

ダイエット食品やサプリメントなどにこの文言のフロントエンドが多く使われ、返金保証を受け付けているものがあります。

さらに、商品の種類によっては、自社の商品の売り込みのために、お客さんの時間を取った迷惑料を払うという文言まで記載している企業まであります。そこまで行ってしまうともはや別次元のような気がしますが、裏を返せば、それだけ自社の商品に自信があるということなのでしょう。このように保証制度があるとお客さんは安心して買えます。


[`yahoo` not found]
Pocket