[`yahoo` not found]
Pocket

バイラルマーケティングとは?

今回はバイラルマーケティングについて解説します。

ネットのサイトを見ると、ユーザーが友達や知人などにサイトを紹介する機能が
付いているものをあなたも一度は見たことがあるでしょう。

例えば楽天などのショッピングモールなどにある
「友達にメールですすめる」という機能です。
Amazonや、ポイントサイトなどにも同様の機能があります。

友達に進めてその友達がサイトに入会したり、商品を購入したりすると、
紹介した人にポイントや商品券など報酬がもらえる仕組みです。

これもある意味、一種のアフィリエイト的な部分を持っています。

このようにウィルスの病原体のように情報を口コミで拡散させていくのが
バイラルマーケティングというものです。

バイラルマーケティングのメリットと成功例


バイラルマーケティングにおける口コミで、
拡散させるのにより効果的なメディアが、
ツイッター、フェイスブック等のSNSです。

SNSの普及により口コミは拡散させやすくなりました。
SNSなどの口コミからヒット商品になったものもあります。

代表的なSNS口コミヒット商品は無印良品、グリコのポッキー
オーラブラシ等があります。

最近ではポケモンGO!といったところでしょうか。
これらのマーケティングの成功には共通点があります。

それは、

「ユーザーが情報発信したくなるような話題となるネタを用意したこと」
です。

無印良品:有楽町店10周年記念のキャンペーンで、
ツイッター、フェイスブックで、
「無印良品と言えば○○○」と投稿すると、1割引きになるキャンペーンをして
売り上げ倍増に結び付けました。

グリコ:2013年11月11日を(ポッキー&プリッツの日)に制定。
24時間ツイッターで「ポッキー」という言葉を含んだツイート数で
ギネスブックに挑戦する企画で、
協力者には記念証書を贈るキャンペーンをしたところ、
目標200万ツイートをはるかに上回る3,710,044ツイートの世界記録を達成。

このようなツイッターでの口コミで2013年10月~11月のポッキーの売り上げが、
前年比で約120%も伸びました。
いまでは「ポッキーの日」はすっかり定着しました。

オーラブラシ:は「息がにおうかどうかを確認する方法」動画を
ユーチューブに配信。
2000万回再生をさせ、1億2千万円も売り上げました。

ユーチューブから動画をフェイスブックに拡散させ、さらにECに二次的に拡散
させるという手法で、購入率を3倍以上に急上昇させました。

しかも最初のユーチューブ動画の製作費はわずか6万円だったという事ですから、
驚異的な利益率ですね。


ポケモンGO!:圧倒的知名度とポケモンを現実世界に出現させ、
出没地をSNSで口コミし合うように仕向けた、といったところでしょうか。

このようにバイラルマーケティングはSNSの口コミで拡散させやすく、
うまく活用すると驚異的な売り上げにつながることがあります。

今は消費者がSNSなどで自ら情報発信する時代です。
商品を使用した感想を誰かに言いたいユーザーは必ずいますし、
そのようなユーザーは自分からSNS等で積極的に情報発信してくれます。

このようにして情報はウィルスの如く拡散されていきますし、
売り手もこの状況を無視出来ません。

売り手も口コミマーケティングを積極的に生かそうとするのが、
今の流れです。

このようなネットでのユーザーの口コミが新たな顧客を獲得させるという
ダブルマーケティングファネル化を生み出しています。

関連記事
マーケティングファネルとは?

バイラルマーケティングのデメリット


バイナルマーケティングでは、友達紹介などをしてくれたユーザーに対し
見返りを与えたりしますが、日本ではこのような友達紹介に対し、
あまり良い印象を持っていない人が少なくありません。

また、中には見返り目当てで口コミをする人も少なからずいるでしょう。
必ずしも善意の口コミばかりとは限りません。

口コミである以上批判的なマイナスの情報が流れてしまうことも
無いとは言い切れません。
マイナスの口コミが拡散されてしまうリスクも考えなければなりません。

さらには、売り手が意図的に口コミ情報を拡散させようと仕向けることが
出来てしまうので、自作自演のスパム行為やステルスマーケティングと
みなされてしまう可能性があることです。

ステルスマーケティング:ユーザーに宣伝と思われないようにひそかに
宣伝行為をすること。いわゆるステマ。

ステルスマーケティングでは、実体験や経験を伴わない口コミや
それほど優れていない商品を実際よりも大幅に優れているかのように
見せかけることも出来てしまいます。

ステルスマーケティングは社会的信用を失墜させる行為になります。
このような口コミはバイラルマーケティングとは言えません。
ステルスマーケティングは絶対にやってはいけません。

ネットビジネスにおけるバイラルマーケティング


また、その気になればネットビジネスでも
バイラルマーケティングを使うことが出来ます。
口コミなどで高く持ち上げられて、
早い段階で実力以上の成果を出すことも可能です。

しかし、そのようなことをしてしまうと、短期的には成果が出ても
長続きしなくなってしまいます。

実力に見合わない成果を出してしまったために、その後伸び悩んでしまい
あなた自身を苦しめてしまうことすらあります。

分かりやすく言えば、新人アーティストがいきなり実力以上の人気が出てしまい、
後が続かなくなり消えていくパターンです。

このようにならないためにも、特に初心者がバイラルマーケティングを行うのは
慎重になったほうが無難です。

結論から言うと、リアルビジネスにしてもネットビジネスにしても、
商品やサービスが魅力的でなければ
バイラルマーケティングで成功するのは難しいでしょう。

[`yahoo` not found]
Pocket