[`yahoo` not found]
Pocket

2次審査に合格した時の作業手順


グーグルアドセンス2次審査に受かると、
「お客様のサイトが AdSense に接続されました」という内容のメールが届きます。
「ご利用開始」ボタンを押して作業を開始して下さい。

bandicam-2016-11-30-20-53-01-725

以下の画面が表示されます。
「新しいホームページへようこそ」と表示されたら、
赤丸で囲った矢印をクリックして、次のページへ進みます。

bandicam-2016-11-30-21-09-39-360

「好きなようにカスタマイズ」
が表示されたら、「開始する」ボタンをクリック。

bandicam-2016-11-30-21-09-42-443

グーグルアドセンス広告表示許可サイトの設定とアドセンス狩り対策


広告表示許可サイトの設定


グーグルアドセンスの管理画面の左側サイドバーにある、
「設定」⇒「自分のサイト」を開きます。

画面上にはアドセンス許可された自分のサイトのURLが表示されています。

jkftc395we7osub1480548379_1480548776

画面右上の⊕ボタンを押すと、自分のサイトを新たに追加出来ます。
以下の画面が表示されたら、追加したいあなたのサイトのURLを
入力し、画面右下の「サイト追加」ボタンを押します。

bvv1bx4bgv2nfos1480549728_1480549858

複数サイトを登録する場合は同じ作業を繰り返します。

アドセンス狩り対策


なぜこの作業が必要なのかと言うと、
アドセンス狩りという不正が横行しているからです。

実は、サイトのソースコードはマウスの
「右クリック」⇒「ページのソースを表示」で調べることが出来てしまいます。
その気になれば、サイトのカスタマイズやSEO対策まで調べることが出来ます。

つまり、グーグルアドセンスのソースコードも不正にコピーして
他のサイトに貼り付けることが可能になってしまいます。


悪意のある人物がサイトからソースコードを不正にコピーし、
グーグルアドセンスの規約違反なサイトに貼り付けたり、
何度も不正にクリックすることは可能なのです。

悪意のある他人のせいで自分のアドセンスのアカウントが規約違反になって、
使えなくなることがあるのです。

これが「アドセンス狩り」と呼ばれる不正行為です。
アドセンス狩り自体は非常に簡単に出来てしまうので対策が必要です。

グーグルアドセンスのアカウントは複数取得することは出来ません。
1人1アカウントしか取得出来ないので、
不正に使用されてアカウント停止になると二度と使えなくなります。

このような不正対策のために、
自分のサイトのみ広告貼り付けを許可する設定にするのです。

グーグルアドセンス広告貼り付け方法


以下のページの「2次審査申し込み受付」でも広告貼り付け方法は解説していますが、
改めてより詳しく解説します。

グ―グルアドセンス審査手順

グーグルアドセンスの管理画面の左側メニューバーから、
「広告の設定」⇒「+広告ユニット」を開きます。

ysnwr2hstrvwu7j1480552875_1480553010

「広告ユニット」の画面が表示されたら、
広告ユニット名を名前欄に記入します。
名前は任意の物で構いません。

一般的に、
「自分のサイト名+広告タイプ名」などを書いておけばよいです。
「○○○○.netレスポンシブ」
「××××.comレスポンシブ」などと書います。

0s3rx3ccs1qocfj1480558440_1480558523

次に広告のサイズを赤枠の中から選びます。
「自動サイズレスポンシブ」
「728 x 90ビッグバナー」
など6つの中から任意の物を選択します。

私は、「自動サイズレスポンシブ」を選択しました。

l6lkqwh9vi4mobd1480579578_1480579669

広告タイプを選択します。

赤枠の中から、
・テキスト広告とディスプレイ広告
・ディスプレイ広告のみ
・テキスト広告のみ
いずれかの中から選べます。

とりあえず、「テキスト広告とディスプレイ広告」を選びます。
広告タイプは後で変更が可能です。

bandicam-2016-12-01-11-17-59-209

「テキスト広告のスタイル」を選択します。

・デフォルト
・カラフル
・カラー スプラッシュ
・ダークブルー(反転)
の4点の中から広告の背景色を選択します。

スタイル名は、どの背景色を選択するかによって変わります。

(例)デフォルトの背景を選択したとします。
「コピーして編集」ボタンをクリック。
この操作で「フォントファミリー」の項目の操作が出来るようになります。

uqkgesqymz8cvxb1480585070_1480585248

スタイル名を入力します。
画面上は「Default」になっていますが、
任意のものに変えてもらっても構いません。

「商品名970×90バナー」
というふうに商品名とピクセルサイズ、
広告の種類(バナーのタイプ等)などが記載されている
ものにすると分かりやすくなります。

「フォントファミリー」の項目を選択すると、
広告のフォントの種類が変わります。

とりあえず、今回は「最適化」のままにしておきます。

bandicam-2016-12-01-18-58-42-287

設定が終了したら、「保存」ボタンをクリックします。

※赤線の「スタイルに加えた変更を保存すると、使用するスタイルに対して
変更が直ちに有効になることにご注意ください。」
と注意書きが表示されます。


ufc9tkjd_fdrj1a1480587431_1480587483

カスタムチャンネルの設定

赤枠の「カスタムチャンネル」の項目をクリックすると、
以下の画面が開きます。

このカスタムチャンネルを使うことで、
サイト単位、広告単位のクリック率やクリック単価を把握できます。
この機能をうまく使いこなして売り上げ分析することによって、
収入アップを図れます。

bandicam-2016-12-01-21-54-01-870

「新規カスタムチャンネルを作成」ボタンをクリック。

bandicam-2016-12-01-22-08-35-285

「新しいカスタムチャンネルの追加」の画面が開きます。

この画面は、サイトや広告ごとのクリック率などを個別に分析したいときに
設定する画面です。

クリックされやすい広告は、サイトの表示のさせ方や広告の位置、広告のサイズ、
また、サイトの種類によっても異なりますので、
設定しておいたほうが良いでしょう。

bandicam-2016-12-02-14-20-52-397

「名前」は、任意のものを付けて構いません。
追加したい広告ユニットを選択し、
「追加」を押すと、画面の右側へ追加されます。

・ターゲット設定

「このカスタムチャンネルをターゲット設定可能な広告プレースメントとして
広告主に表示する」
この部分にチェックを入れると、情報が広告主に表示されます。

bandicam-2016-12-02-14-20-20-509
・外部向けの名前
広告主がプレースメントターゲット(広告のターゲット)設定をするときに
広告の掲載先として表示されるために分かりやすい名前を設定します。

・広告掲載先
サイトのどのカテゴリーのページに
広告を貼り付けるか掲載先を表示させられます。

・広告掲載位置
広告の掲載位置を決められます。

・説明
広告を貼り付けるサイト、掲載位置、広告のサイズなどを説明します。

・サイト言語
言語選択できます。日本語のままで問題ありませんが、
海外向けアフィリエイトサイトを運営している場合は、
ターゲット国に合わせた言語に設定します。

設定を終えたら、画面左下の「保存」をクリックしてして下さい。
すると、以下のように、カスタムチャンネルが設定されました。

bandicam-2016-12-02-16-47-09-831
・代替広告
グーグルで関連する広告を掲載できない場合、
代替えの広告を表示させます。

「空白スペースを表示」
「他のURLの別の広告を表示」
「広告スペースを無地一色で塗りつぶす」
の3択の中から設定出来ます。

bandicam-2016-12-01-11-18-58-745
ここまで入力したら「保存してコードを取得」をクリック。
以下のような広告コード取得画面が表示されます。

bandicam-2016-12-02-17-07-19-280
赤枠内のコードをグーグルアドセンス広告表示許可サイトやブログに
貼り付けます。

※広告のタイトルは、「広告」または「スポンサーリンク」と書きます。
グーグルアドセンスでは、この2つ以外認められていません。


これがグーグルアドセンス審査合格後の作業手順になります。

以下の記事もご覧下さい。
グーグルアドセンス広告審査に受かる方法

[`yahoo` not found]
Pocket