[`yahoo` not found]
Pocket

bandicam 2016-08-22 20-36-55-310
これもコピーライティングの基礎知識です。三つのoneについて話します。

1 One Market(マーケット)一つのマーケットに対して

2 one Message(ワンメッセージ)一つのメッセージを発し、

3 one outcome(ワンアウトカム)一つのの出口を作る、という意味です。

これもセールスレターを書くのに必要な意識です。

One Market


市場を一つに絞り込むという意味です。稼ぐ系、恋愛、ギャンブル、など情報発信はいろいろあります。その中で市場をひとつに絞り込みます。

より細分化していくと、稼ぐ系でも、アフィリエイトで行くのか、投資やFXで行くのか、市場をひとつに絞り込む必要があります。

あれこれ情報を発信していると、お客さんの反応には逆効果で、かえって成約を取れなくなってしまいます。逆にドン引きされると言ったほうがいいでしょう。

one Message


ワンメッセージではひとつのメッセージだけを伝えていきます。あれもこれもといろんな情報を書いていくと、読む側が付いていけずに混乱してしまいます。多すぎ内容は、理解されにくく、逆に相手には何も伝わりません。

■ワンメッセージの具体的な使用例~小泉元首相はこれで成功した!

政治の世界では、選挙演説などでコピーライティングが使用されています。演説の原稿のシナリオを作成するコピーライターがいるぐらいです。

2006年に小泉元首相が選挙で自民党を勝利に導いた時に、メッセージはたった一つでした。
「郵政民営化で国民の真意を問う」
たったこれだけでした。非常に分かりやすく簡潔で、メッセージはたった一つです。
この実例から、大事なことは、メッセージは一つだけにする、分かりやすく簡潔に表現する、小泉さんの成功例から見ても、これが多くの人に理解されやすく実績に結びつきやすいことが分かりますね。

メッセージは1つに絞り込む必要があります。伝えるメッセージが複数あり情報がいくつもあると、内容が読者に正確に伝わらないばかりか、相手が混乱して、だんだん読むのも面倒くさくなります。
そうなれば、読者に
「もう読まない」
という行動をされてしまいます。

これは大量の情報を洪水のように注がれ、もう「お腹いっぱい」の読者にさらに、あれも食べなさい、さらにこれもと押し付けるようなものです。これでは「要らない!」と拒否されてしまいます。

one outcome


出口を一つにするという意味です。
商品の購入をしてもらいたいのであれば、購入フォームのリンクのみ用意しておく。

他の商品の宣伝、自分のブログへのリンク、メルマガ登録などいろいろ書きたくなってしまうとは思いますが、はっきり言ってこれらはすべて余計な情報です。

余計な情報を書いておくとお客さんがそっちのほうに行ってしまって買ってもらえなくなることもあります。これではすごくもったいないです。

政治で言えば、候補者が選挙で自分や自分の所属する政党への投票を呼び掛ける。これが出口を一つにするということです。選挙で候補者は、自分の政治団体への政治資金の寄付を呼び掛けたり、政治家のパーティー券の購入を呼び掛けたりしませんよね。あれもこれもと求めれば、結局一番大事なお客さん(有権者)にしてほしいことがその他のやってほしいことに埋もれて見えにくくなります。お客さん(政治で言えば有権者)にやってほしいこと(出口)をひとつにし、明確にする。

出口は1つ、分かりやすくシンプルに書くように心がけて下さい。これだけでも成約率は大きく変わってきます。大事なのは自分に一つの軸を持ち、決してぶれないことです。

[`yahoo` not found]
Pocket