[`yahoo` not found]
Pocket

bandicam-2016-10-05-20-57-09-211 厚生労働省の報告書「働き方の未来2035」はかなり衝撃的な内容が書かれています。
それによると、将来の働き方は仕事があるときだけ企業に所属して働き、
仕事が無くなると解散するというプロジェクト型の働き方が主流になるそうです。
プロジェクトが終了するたびに、人は別のプロジェクトへ移って働くという、
極めて雇用が不安定、かつ流動的になると予測されています。

20年後の雇用情勢はここまで変わる


ついに、会社に通年雇用、年功序列型の正社員は消えると言われています。
人口減少による市場の縮小と、技術革新等で、今後倒産する企業が増え、
正社員を雇用する余裕はなくなるというのです。

企業は今後ますます人件費を削るために、
海外からの安い人材を取り入れるでしょう。

さらに人工知能の発達によって、人の仕事が機械の仕事に置き換わり、
日本人の約半数は失業するとまで言われています。
(下請け的な単純労働が多い中国はもっと失業率が高くなるらしいです。)

このようになってくると、1つの仕事だけしていても稼げないので、
いくつもの仕事を掛け持ちするのが当たり前という社会になっていくでしょう。

しかし、人工知能が発達してくると、
よほど高度な職業スキルがないと仕事は得られません。
プロジェクト型の事業もそう簡単には参加できません。

今後、正社員の人達も当然安泰ではありません。
将来、リストラされる可能性は誰にでもあります。
企業は社員の生活など保障しなくなります。

今まで、死ぬほど長時間労働して会社に貢献してきたのに、
突然リストラ!というのが当たり前の時代が来ます。
仕事を失ってから慌てても手遅れ、悲惨な未来が待っているだけです。

今から約20年後を見据えて稼ぎ方を変える時期に差し掛かってきているのです。

20年後に失業しないために、稼ぎ方を自分で身に付ける


そのような時代だからこそ、今から自分で稼ぐ方法を身に付ける必要があります。
そのために、ネットで稼ぐことは重要になってきます。

今後社員の雇用を保障出来ない企業がごろごろ増えてきて、
会社も副業を認めざるを得なくなるでしょう。

しかし、副業=コンビニでバイトのようなやり方ではダメです。
それでは稼ぎ方は身に付きません。

副業は稼ぎ方を身に付ける、起業するぐらいのことをしなければ
今後生き残れなくなります。

既に将来のことを見越して、副業を容認している企業もあります。
そのような企業では、社員が副業で自ら稼ぎ方を身に付けることを
推奨しているようです。

今後、ネットビジネスで起業する個人事業主は増えていくでしょう。
ネットビジネスの新規参入は増え、
競争が激しくなっていくことが予想されます。

現在ネットビジネスで稼いでいる人たちも今後ライバルの増加で
稼げなくなるかもしれません。

だからこそ、独自色を強めて他者と差別化していく必要があります。

ネットビジネスでライバルと差別化し、生き残る方法


どうやって、ネットビジネスでライバルと差別化を図るのか?
ネットビジネスのノウハウはネットにいくらでも転がっています。
知識だけなら、勉強すれば誰でも身に付けられます。

でも、知恵や経験は体験したその人にしかありません。
知恵や経験が他者との差別化を図っていく上で重要になっていきます。

例えば、失敗や挫折をした経験、初心者が躓きやすい部分の情報は、
はネットビジネス後発組に対し、
同じ失敗をさせないための貴重な情報を提供出来ます。

また、稼いだ経験、成功体験などを情報発信することは、
ネットビジネスを目指す人たちに対して、「成功への近道」を
示すことになります。

そこまで高度なことではなくても、
「ワードプレスの複雑な設定をもっと簡単に行う方法」などと
情報発信すれば、ワードプレスで苦戦する人たちに有益な情報になります。

これらの情報は経験者にしか語れない貴重な知識です。

自らの知識や知恵、経験を面白く語る、
あるいは、様々な情報を抽象化した上で別なものに結び付けていく、
このような、書き方が出来ると、他者と差別化がしやすくなります。

もう少し分かりやすい言い方をするならば、
例えば、自分の趣味を取り入れて語るという情報発信のやり方です。

そのためには、膨大な情報を取り込み、それを自分の中で消化し、
再構築して発信する能力が必要になります。
インプットとアウトプットの強化です。

このようなやり方を情報に付加価値を付けて発信すると言っても
いいかもしれません。
情報に付加価値を付けることは、他者との差別化にもつながります。

他者との差別化は強みとなり、
この世界で生き残っていくための強力な武器となります。

[`yahoo` not found]
Pocket