[`yahoo` not found]
Pocket

icon-wordpress 今回は、ワードプレスをXサーバーにインストールする方法について説明します。

ワードプレスとは、ネット上にある無料のブログ、HP等の制作ソフトです。
サイトを運営していくなら、
Xサーバーを借りてワードプレスで作成していくことをお勧めします。

なぜかと言うと、ワードプレスはSEO対策に優れているからです。
様々なSEO対策用機能、プラグインなどが用意されています。

また、インストール先のXサーバーは、セキュリティー、サポート等、
様々なレンタルサーバーの中でも最も優れています。

サーバーとドメインはどれを使ったらいいのか?

HTMLで最初からサイトそのものを自作するには相当専門知識が必要で、
誰でも出来るものではありません。

また、自作のHTMLサイトでSEO対策、セキュリティー対策までするのは、
困難を極めます。

初心者でも高度なサイトが構築できるのがワードプレスです。
画面の見た目を良くするテンプレートも充実しており、
今では多くの企業がワードプレスでサイトを構築しています。

Xサーバーにワードプレスをインストールする手順


Xサーバーのサーバーパネルにログインします。
次に「設定対象ドメイン」を変更します。
ワードプレスのインストール先のドメインを変更します。

Xサーバーの初期段階のドメインは、「○○○○.xsrv.jp」となっています。
このままインストールしても、自分で作成した独自ドメインに
インストールされないので、インストールしたいドメインへ変更します。

bandicam-2016-10-04-18-59-14-864

次に「自動インストール」をクリック。

bandicam-2016-10-04-19-06-50-985

自動インストールの画面が表示されたら、「プログラムのインストール」
をクリックします。

さらに、「WordPress日本語版」の「インストール設定」をクリックします。

oihd5z2pzdyq6h_1475576147_1475576207

「ブログ名」「ユーザー名」「パスワード」「メールアドレス」を
記入して下さい。

rsjooteegfjfv7i1475577725_1475577818

ブログ名は後から変更も可能です。
決まっていない場合は仮タイトルで大丈夫です。

ユーザー名だけは一度決めたら変えられないので、ずっと使うことを考えて
入力して下さい。


ユーザー名は自動設定で「admin」となっていたら、変えて下さい。
「admin」のIDだとハッキングされやすいです。

パスワード、メールアドレスは、後から変更も可能です。

「自動データーベースを生成する」にチェックを入れます。

最後に「インストール(確認)」をクリックします。
「index.htmlが削除されます」と表示されますがそのままインストールを続行します。

以上がワードプレスをXサーバーにインストールするすべての手順です。

数時間後には、インストールが反映されて、
ワードプレスの管理画面に入れるようになります。

以下の記事もご覧下さい。
ワードプレス初期設定

[`yahoo` not found]
Pocket