[`yahoo` not found]
Pocket

%e7%84%a1%e9%a1%8c%e3%81%ae%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%bc%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b302 トレンドアフィリエイトに関する解説をします。

トレンドアフィリエイトでは、大きく分けて3つのキーワード選定、
記事の書き方があります。

・ショートレンジ
・ミドルレンジ
・ロングレンジ


この3つのキーワード選定の仕方、また特徴について説明します。

3種類キーワードの特徴


ショートレンジ


芸能情報、旬な話題など、即効性があり爆発的なアクセスを呼ぶキーワードです。
しかし、超短期的にしか使えず、アクセス数は急激に下がり、
その後は全く見向きもされなくなります。

これはライバルが多いのでスピード勝負が要求されます。

当たれば美味しいところを取れ、初心者でも出来ますが、
このキーワードで記事を書いても短命な記事になるので、
毎日毎日大量に記事を増産しなければなりません。

1日に3記事程度更新をこなさなければならなくなってきますので、
正直かなりきついです。

これでは自由な時間は持てず、1日中記事更新に追われなければならないので、
一生労働者のままです。

それに短期的にしか使えないので、1記事当たりから得られる広告収入は
それほど高くないでしょう。

ミドルレンジキーワード


年中行事など、いわゆるシーズン物のキーワードです。
例えば、「クリスマス」「バレンタインデー」
「お正月」「ゴールデンウィーク」などです。

毎年、これらのシーズンを狙って書くとアクセス数が上がります。

ミドルレンジはそのキーワードのシーズンになれば、
短期間でもアクセス数は見込めますが、
ショートレンジと違って、使い捨てではなく、
来年、2年後、3年後、というふうに次のシーズンになれば、
また使えるキーワードになります。

こういうキーワードで記事をある程度書いておけば、
長い目で見たときに楽になっていきます。

季節行事は年中何かしらあります。
その気になれば、1年分書いてちょうど一巡して来る頃には
再び検索されるので、年中アクセスを集めることが出来ます。

ロングレンジキーワード


流行とか一過性にとらわれないために年中安定したアクセス数が
確保できるキーワードです。

例えば、
「お金を稼ぐ」「ダイエット法」「スキンケア」「美容」などが相当します。

ロングレンジキーワードの記事でアクセス数が増えると、
安定してアクセス数を確保できるので中長期的に稼ぐなら、この方が楽です。

但し、ショートレンジのように即効性はありません。

どのキーワードを使えばいいのか?


ショートレンジは即効性がありますが、こればかりやっていると、
消耗し、身が持たなくなります。

基本的には、ロングレンジ、ミドルレンジを中心にバランスよく書いていく。
しかし、それだと、即効性はありませんので、早く成果を出したいのであれば、
その中にショートレンジも少し含めてみる。

ショートレンジはあくまでも客寄せ用に使い、
ミドルレンジ、ロングレンジキーワードでは質の高い記事書き、ファンを獲得し、
リピーターを増やしていくのが無難です。

どのキーワードで一番多く書けばいいのかというと、
割合的には、中長期的に検索されるキーワード中心に

ロングレンジ>ミドルレンジ>ショートレンジ

このように書いていくのが良いです。

これだけは注意して下さい


ショートレンジでアクセス数を集めることばかりやっていると、
SEO上はトップにサイトや記事が表示されやすくなるでしょう。

しかし、このようなやり方だと、グレーな手法にもなりやすく、
ペナルティーを食らう可能性があります。

特に初心者がやるとペナルティーを受ける可能性が高くなります。

グーグルでペナルティーを食らうと、
サイトが検索エンジンから遠くに飛ばされ、収入が0になります。


つまり、今までやってきたことが全部無駄になります。
トレンドアフィリは、実はこれで辞める人も多いです。

そこで、大物ライバルが消えた今がチャンスとその状況を逆手に取る人も
いるでしょう。勿論そのやり方もありです。

ミドルレンジ、ロングレンジは、成果が出るまで、時間がかかり、
半年~1年は成果が出ないです。
しかし、ホワイトなやり方なので、長い目で見たら、その方が安定します。

アフィリエイトは長期的に継続して稼げることが重要です。
中長期的に稼ぐという視点でキーワード選定をして下さい。



[`yahoo` not found]
Pocket