[`yahoo` not found]
Pocket

c63703cca70c0129996b57f7887e7461_s
ネットでブログを書いたり誰でも情報発信出来るようになりました。
ネットで情報発信をしていくということは、独自の世界を発信していくことになります。

あなたが発した独自の情報にファンが集まれば、ネットビジネスの成功にも結び付いていきます。

だだ、

売れるための文章は、文学的に優れた文章とは違います。

作家が書くような綺麗な文章を書けば売れるかというと必ずしもそうではありません。売れるための文章は、そこまで文学的な凝った表現は要りません。むしろ無いほうがいいぐらいです。

ネットビジネスは、売ることが目的です。文学的な良い文章を書くことが目的ではありません。

文章を書くときは、人に良く見せようとして、つい凝ってしまう人が少なくありません。

それよりも、誰にでも分かりやすく、簡潔に書く方がよっぽど綺麗な文章になります。そこを勘違いしている人が意外と多いです。

独自の世界を繰り広げ、他者との差別化を図れる文章を書ければ、あなたのファンは生まれてくるでしょう。


言葉は大事です。一つ一つに深みと重みが感じられるものでなくてはなりません。軽い気持ちで適当に書いても、良い文章にはなりません。あなたが、自分の中で理解していることを、理解している言葉で、丁寧に書かなければ、読んでくれる人に伝わるような良い文章になりません。



文章で分かりやすく伝える表現方法3つ

1イメージしやすい言葉で視覚的に伝える


言葉を数字などで伝えるという言い方はよくありますが、読む人がイメージしにくいものがあります。言葉を視覚化し、イメージしやすいものにしましょう。

例えば、

これは○○ヘクタールの巨大な土地です。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓  
東京都○個分の面積に相当します。



ヘクタールってどれぐらいなの?って思われてしまいそうですが、東京都○個分とか具体的な言葉で伝えたほうが、読む人にとってイメージしやすく視覚化によって、売れやすくなります。

文章を読んだお客さんが、絵や映像を思い浮かべるような伝え方でなければなりません。

2「どうやって」「どういうふうに」というのを意識して伝える


Howを意識して伝えるとも言います。

ネットビジネス関連のサイトを見ていると、実に同じような内容は多々あります。誰もが口を揃えて言っているような事を書いても、人の心には響きません。

「ああまたか。もう見飽きた」

人によっては「ウザイ!」と思う人もいるでしょう。

ビジネス論で言う「Not Read」読まないという壁を越えなければなりません。

誰でも書いている内容だと似通ってきますし、特に初心者の情報発信だと他人の受け売り見たくなります。これはしょうがないです。

だからと言って、同じような内容を書き続けていてもあなたにファンはつきません。他に同じようなものがある文章だと、あなたの書いた文章そのものに価値が無くなります。

よそにあるような情報でも、Howを意識した独自の切り口で書くことで違う内容のように伝える。


これでが重要です。これだけでもあなたの伝える情報にあなたの持つ色が付いてきます。

How「どうやって」「どういうふうに」を意識することで、フィルター(あなたの視点から見たもの)を鍛えられていきます。

同じ内容であっても、魅せ方を変えていくことで、他人と差別化した独自の文章にしていくことが必要です。

3うまい文章より分かりやすく読みやすい文章を書くこと


・例え話や比喩的な表現を適度に入れる

例え話や比喩的な表現を適度に入れることによって、読む人は話の内容をイメージしやすくなり、面白い文章になります。

今では人工知能でも文章を書けます。しかしそれでは、淡々と説明をするだけの文章になってしまい、面白みはありません。

書いた文章に例え話や比喩的な表現を適度に入れる、あるいは自らの経験を交えて話すことにより、人間味あふれ、書いた人の人柄などが伝わりやすく、読みやすく、面白い、親しみも感じられる文章になります。

・ほどよくまとめを使うこと


文章を書くとどうしてもだらだらと長文になりがちです。
そうなってしまうと、

「結局、何が言いたいの?」

と、読者に思われてしまうこともあります。それでは、自分の伝えたい部分が読者に正確に伝わらなくなる可能性があります。

そうならないためにも、まとめを上手に取り入れていく必要があります。

・常に読者を意識した言葉を使うこと

あなたは、読む人のことを常に意識して書いていますか?

人間は文章を書いていると、ついつい独自の世界に入り過ぎてしまい、読者がいることを忘れ、自分本位な文章を書いてしまいがちです。特に書き慣れていない初心者は、余計その傾向があります。

どういう人に向けられて書いているのか?
年齢は何歳ぐらい?
男性か女性か?
働いている人かそうでない人か、
職業は?
年収は?

そういうことを常に意識して書かなければなりません。

これはマーケティングの売りたいターゲットを絞り込んでセールスレターやメルマガを書いていくことにもつながります。

10代~20代の若者向けに情報発信していくのと、50代~60代ぐらいの人に情報発信していくのとでは、当然のことながら、発信していくときの意識は変わっていきます。

相手を意識して文書を書くことで、文章自体も変わってきますし、読者が感じるイメージも大きく変わってきます。

特にビジネスで情報発信していくときには、誰に向けて書いているのかを明確にしなければなりません。

読む人は
「初心者向け?」
「中級者向け?」
「上級者向け?」
「新規の読者向け?」
「既にあなたのファンになっている読者向け?」
「購入者向け?」
「企業向け?」
「個人向け?」


あなたがどの層に向けて文章を書くのかによって、当然のことながら、伝える内容、文章表現や言葉遣いも大きく変わってきます。

例えば、アイドル好きやアニメやゲームなどのオタク系の属性に対して情報発信していく場合は、使う言葉は変わります。

高級な商品を買うような富裕層向けの文章もセレブを意識した全く違う内容になってきます。

誰をターゲットにするのかを意識的に書くことで、より効果的にお客さんに情報を伝えられるようになります。

・論理的に飛躍し無いこと

ジャンプするとも言われますが、論理的に飛躍した文章は支離滅裂になり読みにくくなります。これでは読み手は理解に苦しむだけになってしまいます。

論理的な飛躍が、文章の別な飛躍も見せてしまいます。そこに矛盾が生じたりすることがあります。つまり墓穴を掘るということですね。

文章そのものが、論理的に成立しないものとなってしまい、書いている人は、「きちんとした文章が書けない」と思われてしまいます。口の悪い言い方をすれば、「頭が悪い」ということになってしまいます。論理的な文章を書きなれていない人は練習をしていく必要があります。

・文章同士の繋ぎを意識すること


良い文章はリズム感があるとよく言われます。それは論理的にうまく書かれているということです。良い文書は論理的にまとまっているため、違和感なくスラスラと読めます。

接続詞を適度に使い、文章同士をつなげていくと文章にひとつの流れやリズムが出来てきます。

だから、しかし、けれども、つまり、さらに、または、などを使い文章と文章をうまくつなげていくということです。

但し、使い過ぎると硬い読みづらい文章になるので、あまり使い過ぎないほうが無難です。

これらのことを意識して書いていくと、読んでもらえる文章を書けるようになります。特に書くことに慣れていない初心者の方はこの内容を意識して文章力を高めていってください。

音声や動画を使うから文章力は要らないと感じているあなた!
音声や動画に使われている台詞も文章から成り立っていますよ。音声や動画のセリフもコピーライティングが深く関わってきます。テレビCMもコピーライティングが使われています。

言葉の持つ力は社会を変えることだってできます。言葉を制することができれば、ビジネスはあなたの思いのままです。

最初からうまく書けなくてもいいです。ビジネスで結果を出すための訓練だと思って書き続けることが重要です。

[`yahoo` not found]
Pocket