[`yahoo` not found]
Pocket

海外向けアフィリエイト概要

87e707dd69309b6489739238284beaec_s 現在の日本では経済は右肩下がりの状況が続いています。今後、さらなる格差の拡大、少子高齢化で経済情勢がさらに悪化していくことが予測されます。海外への輸出産業が利益出す一方、内需型の産業の重要は頭打ち、今後国内の市場はさらに縮小して行くでしょう。

情報発信のネットビジネス、アフィリエイトも日本国内向けビジネスなので、内需型の産業です。
内需型のネットビジネスも経済格差や市場の縮小の影響とは無縁ではありません。

国内向けアフィリエイトで需要が頭打ちと感じたアフィリエイターの中には、
海外進出した方もいます。

とは言っても、海外進出は英語が必須条件です。
英語のサイト作成、メルマガ作成力、通常の会話などの語学力が要求されます。

さらに、物販などで商品を紹介、あるいは海外向けネットビジネス情報発信サイト、
コンサル等を行う場合は、英語によるコピーライティング力も要求されてきます。

また、英語圏以外の地域でアフィリエイトする場合でも、その言語圏の
コピーライティングスキルは必要になってきます。

また、ターゲットとする地域の社会の仕組み、国民性や文化等も
ある程度知っておく必要性があります。

海外経験があり、語学力がある方ならぜひ試してみることをお勧めします。

また英語圏では、コンテンツよりもサイトの見た目が重要視されることがあります。
そのことを踏まえて、見た目の良いサイトを作成していくと良いでしょう。


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-3394893532037391"
data-ad-slot="6907452869"
data-ad-format="auto">


海外アフィリエイトの種類


海外の向けのアフィリエイトは、
グーグルアドセンスなどの広告収入を利用したもの、
海外のASPを利用した物販アフィリエイト、PPCなどがあります。

グーグルアドセンスは審査に受かると、自分のブログに広告を貼り付け、
クリックされるたびに報酬が入ってきます。

グーグルアドセンスを利用した広告アフィリは日本国内でも既に行われていますが、
元々は海外から来たものです。

海外の広告収入によるアフィリエイトというのは、他にもアマゾン系の広告を
利用するものなど、多々あります。

Google AdSense

amazon associates

でも、初心者がいきなり英語圏のASPに登録して物販を行うのはかなり
ハードルが高いですから、まずはグーグルアドセンスあたりが無難でしょう。

日本を海外に紹介し、日本の良さを伝える情報発信サイトを外国語で構築し、
グーグルアドセンス広告で稼ぐというやり方が、良いと思います。

慣れてきたら物販アフィリエイト、広告費を支払うPPCに進出するものありでしょう。
その場合は、国ごとのASPに登録する必要があります。

ただし、アメリカのASPだとアメリカ向けの商品しか扱っていない
ということがあります。

英語圏は世界広しと言えども、アメリカ向けの商品はそれ以外の
英語圏ではあまり売れ無い可能性があります。

どこの地域に対しての情報発信なのか、ターゲット国を絞る必要があります。

アメリカは、アフィリエイト発祥の地です。特にこの地域では日本よりも
ネットの仕組みが進んでいるため、当然ライバルは多くなることが予想されます。

逆にライバルが多い地域を避けて、経済成長をしている東南アジアなどを
狙ってみるのも一つの方法です。

開発途上国あたりでは、個人がブログで情報発信していくのが、
まだ社会に浸透しておらず、ごく少数のIT分野にたけた人しかやっていないので、
ライバルが少ないというメリットもあります。

実際、トレンドアフィリで開発途上国向けにブログを書いたら、
アクセス数が上がったという例もあります。

日本国内で一定の実績を上げたが、売り上げが頭打ちと感じている方は
ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-3394893532037391"
data-ad-slot="6907452869"
data-ad-format="auto">



[`yahoo` not found]
Pocket