[`yahoo` not found]
Pocket

646870d731d61d3f7011231a3c5a0741_s ネットビジネスで成功している人を見ると、圧倒的に若い人が多いです。
10代、20代ぐらいが最も多くその次が30代です。
しかし、40代、50代と年齢がアップするにつれ、成功率が下がってきます。

特に50代とかもっと上の世代で成功している人はほとんど聞いたことがありません。
なぜ中高年は成功しないのでしょうか?

理由1.IT関係に弱い(コンテンツが作成出来ない)


まず、中高年は若者みたいな行動力がありません。
ブログを毎日更新することすらできない、
あるいはまったく書けないという人も少なからずいます。

年配の人ほど、IT関係に弱く、コンテンツをうまく作れません。
パソコンが苦手、行動力がない、これらが大きな理由の一つでしょう。

理由2.年功序列的なプライドを捨てきれない


40~50代ともなれば、会社で何十年も働き、それなりに実績のある
人たちも多く、この世代だと管理職になっている人たちも
少なくなくありません。

社会的地位高い、仕事での実績が高い人ほど、プライドも高くなり、
それがネットビジネスでの成功を邪魔すると考えられます。

特に年功序列がいまだに色濃く残る日本では、年配の人たちは
自分より年下の人に頭を下げられません。

「会社で管理職についていて、実績がある自分がなぜ若者のいう事を
聞かなければならないんだ?」

どこかにそのような上から目線的なプライドがあるのでしょう。
リアル職業での地位や実績が高い人ほど若い人の話が聞けなくなる傾向に
あります。

それに成功しないと、
「ネットビジネスでは成功しない」と決めつけたりします。

また、上の世代ほど、会社人間です。
仕事=会社と思い込んでいる人たちが少なくないのもこの世代の特徴です。
会社人間からしてみれば、ネットビジネスは非常識だらけです。

自分で勤務時間を決めて働きたいときにだけ働く。
そして、自由な時間を使える。
長年会社人間でいた人たちには、この働き方は強く抵抗があるのでしょう。

ネットの世界に歳上も歳下もありません。
本当に成功したいのなら、実績がある指導者の話に耳を傾けるべきです。

理由3.現状に甘んじてしまう


若い世代は、給与も安く、不安定な職業から抜け出せない人達が
少なくありません。

彼らは非常に不安定な立場にあり、
「もしかしたら年金ももらえないかもしれない」
と、自分の将来に強い不安があります。

不安定な立場の若者達はとてつもなく追い詰められています。
いつクビになるか分からない。将来は生活できないかもしれない、
危機感が強い人ほど行動をします。

「絶対ネットビジネスで成功しなきゃならない。失敗したら後がない!」

若い人ほどそういう意識が強く、それが危機感を高め、
行動力に結びつき、成功率も押し上げているのです。

藁をもすがる思いでネットビジネスをしている人達ほど、
「現状を変えたい!」という気持ちは高く、行動力に繋がります。

ところが、中高年世代になると、会社でそれなりの地位にあり、
給与もそこそこ高いので安定しています。

安定している人たちは、現状維持に甘んじてしまう傾向にあります。

それに、人間は歳を重ねると、安定性を重視し、
段々思い切った行動が出来なくなります。

給与も家族と生活できるだけもらっていて、
困らないという安定した状況があると、当然挑戦する熱意が下がります。

どこかにネットビジネスで成功できなくても現状維持で何とかなるという
甘い気持ちがあります。

それが、自己投資をしなくなったり、新しい事に挑戦しなくなったり、
思い切った行動を妨げているのです。

強い危機感を持って行動せよ


世の中は劇的に変わってきています。
今までの常識があっさりと覆されるのが現代社会です。
過去の10年とこれからの10年は別次元と言っていいほど
変化の大きさが違います。

近い将来正社員などという職種は、
一部の絶対に正社員じゃないといけない職種を除いてほとんど
なくなる時代が来ると思って不思議ではありません。

それは、中高年世代でもうすうす感じているはずです。

しかし、安定して給与を得ている中高年たちは、
取りあえず会社に行っていれば何とかなると思ってしまいがちです

経済がグローバル化した現代ではその考えは大きな間違いです。
10年後20年後は、自分たちの生活があるか分からない、
そういう危機感を持つことが重要です。

本当に成功したかったら、退路を断つぐらいの厳しさが必要なのです。





[`yahoo` not found]
Pocket