[`yahoo` not found]
Pocket

f9d15150d307d426ec906d1be70facfe_s

ワードプレスが普及した理由


ワードプレスは、ネット上でブログ、サイトを作成出来る無料システムです。
かつては、サイト作成と言いますと、HTMLを基礎から学び、
サイトを作り上げるというのが一般的でした。

今でもHTMLタグで構築されてサイトもありますが、
ワードプレスが普及してから、多くの企業のビジネスサイトの作成などでも
使われるなど、webサイト構築は大きく変わってきました。

独自ドメインを利用出来、機能拡張性に優れ、
自由度が高いサイトの作成出来ることなどから、
ユーザーを圧倒的に増やしています。

多くのネットビジネスの実践者、アフィリエイターが使用し、
また、ネットビジネスの多くのコンサル塾なども
ワードプレスを使ってサイトを構築するよう指導を行っています。

徹底比較!ワードプレスとHTMLサイトの違い


5bb437526f295c7132c270cb1976d687_s ワードプレスとHTMLサイトの違いを比較し解説していきます。
ワードプレスとHTMLサイトこの両者は明らかに違いがあります。
その違い、それぞれの適正を理解した上で、使い分けていくことで、
より集客が効果的なサイト構築が可能になります。

ワードプレスの特徴


・プラグインを使った圧倒的機能拡張のしやすさ
HTMLサイトとの決定的な違いは、機能拡張性に優れ、
プラグインを使用することで、サイトを簡単にカスタマイズ出来ることです。
プラグインの数、種類等かなり充実しています。

・Mysql(オープンソースデータベース)を利用する
レンタルサーバーごとに利用できる個数に上限があります。

・専用のテンプレートが多く用意されている
有料の物、無料の物を含め、テンプレートが多数用意されています。
テンプレートを利用することで、初心者でも
見た目が整った高度なサイトを構築出来ます。

・レンタルサーバーを借りることで、どこからでもログイン、利用可能ワードプレスは、ネットのサーバー上にあるシステムを使いサイトを作成
するので、ネット回線さえあればどこからでもログイン、更新が出来ます。

・サーバーにアップロード、ログイン、更新可能
直接インストール出来ないプラグイン、ファイルは、サーバー上に
アップロードし利用可能です。

・ローカルサイトとネット上2重でバックアップが出来る
作成したものをネット上に保存出来るワードプレスなら、
ローカルサイトとネット上、2重にファイルをバックアップが出来ます。

・複数ユーザー共有管理サイトを作成、更新可能
ネット上にサイトがあるために、複数ユーザーによるサイト共有、管理体制、
またサイト構築が可能です。

※サーバー上にワードプレスを設置しする際には、
データーベースを利用する必要がありますが、
レンタルサーバーでは、利用可能な個数が制限されている場合が多いです。
多数のサイトを作成して持ちたい場合は、不向きです。

HTML構築サイト


ワードプレスを使用しないでwebサイトを構築する場合、
HTMLタグ記述で作成していきます。
(ムーバブルタイプという違った方式のサイト構築もあります)

・サイトシステムがワードプレスと比較した場合、軽い
HTML記述で構成され、プラグイン等の複雑なシステムが無いHTMLサイトは、
同規模のワードプレスサイトより、表示速度が早い傾向にあります。

・プラグインのような機能拡張がない
機能拡張を求めるのであれば、HTMLタグを覚えて、
独自にサイト構築していかなければならない。
HTMLダグに機能を埋め込むことが可能なこともありますが、
1ページごとに設定しなければならず、手間暇がかかります。

・サイトの更新はHTML記述ファイルを毎回アップロードする必要がある
サイト更新するたびにftpソフトを使い、
更新ファイルをアップロードする必要があります。

ローカルサイトとネット上にアップしたサイトと、
接続環境が揃っていないと簡単にサイト更新は出来ません。

・データーベースを利用しない
データーベースを利用しないので、ペラサイトなどの量産には適しています。

・セキュリティー対策が困難
ワードプレスのようにアップデートされる訳ではないので、
セキュリティー対策などは独自に行う必要があり、
個人で対策をやるのはあまり現実的ではありません。

webサイトのHTML記述ファイルを自分で保管し、
更新作業を進めていく必要があります。

自分のパソコンが壊れたりすると、ネットとつなぐ
HTML記述を保管する場所が壊れるので、
復旧がやりにくくなります。

ワードプレスの長所を効果的に生かした使い方


Wordプレスは、ネット回線さえあれば、
どこからでもログインして更新出来ます。
出張や旅行先からも更新できます。

更新しやすさがあるので、長期的に運営していくに適しています。

管理画面も見やすく、ワードプレスやテンプレートの使い方情報は
ネット上に数多くあり、HTMLの専門知識は必要最低限で使用できます。
このように手軽に、初心者でも使いこなすことが出来ます。

Mysql(データベース)が必要で、レンタルサーバーごとに
利用できる上限があるので、更新頻度が多く、
情報発信サイトや企業のビジネスサイトなどの、
コンテンツ量が多いサイトでの利用が適しています。

このようにワードプレスとHTMLサイトでは大きく違うので、
ワードプレスの長所が生かせるときは生かし、
適切な使い分けをしていきましょう。


[`yahoo` not found]
Pocket