[`yahoo` not found]
Pocket

bandicam 2016-08-24 10-34-33-639 ワードプレスは、細かいバグ修正、セキュリティ強化、新しい機能追加で、
更新が必要になることがあります。

しかし、このワードプレスの更新、かなりクセモノです。
時々更新時に、プラグインなどが不具合を起こすことがあります。

更新ボタンを押して、
画面が真っ白になってしまった経験のある方はいらっしゃいませんか?

そうならないように、バックアップを取ったり、
プラグインを全部停止したり、
いくつかやらなければならないことがあります。

それを解説していきます。

ワードプレス更新前にやるべきこと


ワードプレスで、バージョンアップがあると、
ダッシュボードの上の部分に、
「WordPress○.○○が利用可能です!更新してください」
と表示されます。

bandicam 2016-08-23 23-01-56-838

しかし、そこですぐに更新ボタンを押してはいけません。
これをすると、機能が一部使えない不具合が発生することがあります。

また、バージョンアップ後にプラグインの更新を行うと、
画面が真っ白になって何も表示されなくなることがあります。

そこで更新前に2点、作業を行って下さい。

1.ローカルで更新し、動作テストをする
2.更新前にバックアップを取る


アクセス数が少なく、サイトの規模もあまり大きくない場合は、
更新前のバックアップのみで、
不具合が出たらその場で復旧すればいいかもしれません。

サイトが巨大化している場合は、
ローカル環境での更新と動作テストは欠かせません。
バックアップはすべてのファイルで行ってください。

「BackWPup」「WP-DBManager」などのプラグインでバックアップを
行って下さい。

プラグインを一時的に全停止にする


ワードプレスでいきなり更新ボタンを押すと、不具合が発生することがあります。

ワードプレスとプラグインの複雑なシステムが
ぶつかってしまうことが考えられます。

1.プラグインを一時的に全部停止にする
2.更新する
3.プラグインを有効に戻す


このように、プラグインを全て一時停止にしてから更新することによって、
不具合発生を回避出来ます。

特に、月間数十万PV以上のアクセス数が高いサイトは、
アクセス数が少ない深夜3時~5時の間に更新するのが安全とされています。

ワードプレスのダッシュボードから、
「プラグイン」⇒「インストール済みプラグイン一覧」のページへ行きます。

bandicam 2016-08-24 09-39-41-009

赤枠の「プラグイン」のチェックボックスにチェックを入れ、
「一括操作」項目をクリックします。

bandicam 2016-08-24 09-46-22-585

「停止」を選択したら、
「適用ボタン」をクリックします。
これで、全てのプラグインが停止します。

bandicam 2016-08-24 09-46-28-648

ワードプレスのダッシュボードに戻り、「更新してください」をクリックします。

bandicam 2016-08-23 23-01-56-838

「今すぐ更新」ボタンをクリックします。

bandicam 2016-08-23 23-24-36-947

更新後下記のような画面が出てきます。

bandicam 2016-08-24 10-14-25-203

再び、「インストール済みプラグイン一覧」のページへ行き、
赤枠の「プラグイン」のチェックボックスにチェックを入れ、
「一括操作」の項目で「有効化」を選択して下さい。

bandicam 2016-08-24 09-47-08-726

「有効化」を選択後、「適用」ボタンをクリックしてください。
これでプラグインの一括再有効化しました。

bandicam 2016-08-24 09-47-14-445

プラグイン同士の相性が悪いと、不具合が起きることがあります。
その時は、手動で1つ、1つ有効化し、
どのプラグインが不具合を起こしているのか、確認しながら作業を進めましょう。

基本的にプラグインは停止前の設定状態で止まっているので、
問題は起きないはずですが、念のためにプラグイン停止前と、
再有効化後で、不具合が起きていないか確認してください。

このように安全対策による自己防衛が必要です。
対策を身に付けて安全な更新を行えるようにして下さい。

[`yahoo` not found]
Pocket