[`yahoo` not found]
Pocket

47a2c9e073f4d84bb856dd3e7a58021b_s 今回は、自己投資の重要性と格差社会に関するお話です。ネットビジネスやコンサル塾に対して求められるものについても話していきたいと思います。

アフェリエイトは、独学でやろうとする人もいるかもしれませんが、独学だと何年もかかりますし、自己流のやり方だとよっぽど天才でもない限り、まず稼げません。

そこでネットビジネスを教えるコンサル塾で学びます。
現在、ネットビジネスで成功している人たちは、何らかのコンサルを受け、成功者から直接学んでいます。

成功者から直接学ぶことは、正しいネットビジネスのノウハウを身に着け、稼ぐための最も近道です。

でも、ネットビジネスのコンサル塾は数十万円単位の受講料が必要です。
さらにサイトの運営費用、サイトを良く見せるために必要な商材、その他……
というふうに数十万円単位の費用がかかります。

それでも、投資、FX、せどりなどに比べたら、投資費用は少額すみ、
リスクは小さいです。

しかし、本当に経済的に苦しい人達は、そのわずか数十万円が払えません。
日々の生活に追われ、必要なことに使う金がほとんど手元に残りません。

これは、自分の将来へのための教育費用であり投資です。
その教育費用すら払えない人たちがごろごろいます。

我々は、授業料を払い、大学、短大、専門学校などで学び、
月収20~30円稼げる社会人となります。
しかし、親の所得が低く学費を払えないために、きちんとした仕事に就けず、
貧困に陥る若者が少なくありません。

つまり、コンサル塾の受講料が払えないのは、
学校に行って社会人になるために必要な教育が受けられないのと同じです。
自分の将来への投資が出来ないのです。

貧困のイメージ

その1
親が貧困
  ↓
大学などの学費が払えない
  ↓
きちんとした会社に就職ができない
  ↓
貧困の連鎖

その2
何らかの理由でリアルの仕事に就けない
        ↓
ネットビジネスのコンサル塾の費用が払えない
        ↓
リアルでもネットでも仕事に就けない⇒貧困に陥る


ネットビジネスやコンサル塾に対し求められるもの


幸い、私はコンサル塾の受講料が払える経済状況でしたが、
それすらも出来ないでずっと貧困状態から抜け出せない人たちが
多くいると思うと、ネットビジネスの世界にも格差社会を感じずにはいられない、
ふうたになのでした。

だから、稼げる人を少しでも増やしていくことが今後の社会の課題です。
コンサル塾は経済的に苦しい人でもより利用しやすくする義務があります。

経済が右肩下がりで稼げない時代にどう人が生きていくのか、
コンサル塾や稼げる人にはそれを考える、また、教える義務があると思います。

さらに今後稼げる可能性がある人にも同じ義務があります。
人の役に立ち、より良い社会を構築していくという義務があります。
少なくても私はそう思っています。



[`yahoo` not found]
Pocket