[`yahoo` not found]
Pocket

cdf97d4a5e1c5ad5dd29a0c2bde18fdf_s
今回は、ヒット商品を生みだす公式について説明していきます。

物であったりサービスであったり、それらが売れるのにはある一定の
条件が揃う事が必要になります。

あまりヒット商品が出ない中、大ヒットしている商品があります。

例えば今でヒットしているものであれば、すぐに思いつくものは、
ポケモンGOです。

ポケモンGOは、立ち入り禁止区域や個人宅の敷地にまで出現して
様々な問題を引き起こすためにあのビジネス方法にはかなり問題も
ありますが、ヒットしていることには変わりありません。

ポケモンGOがヒットしている背景には、時代性、センス
ポケモンという既に圧倒的知名度を得ているブランド性、
これらがあったことは間違いないでしょう。

ヒット商品を生むための法則として、
努力、才能、時代性、が必要とよく言われます。

「努力×才能×時代性」です。

ポケモンというゲームやキャラを作り、約20年近く一つの大きな
ブラントとして育て上げてきたという、制作者達の努力や才能は
当てはまると思います。

ポケットモンスターは、約20年の圧倒的実績と知名度という
ブランディングがあります。それに時代性やセンスを付け加えた
というのがヒットの理由として考えられます。

センスも厳密にいえば才能の部類に区分されるのかもしれませんが、
スマホが普及した時代だからこそヒットに結びついたわけです。
これがガラゲーの時代やスマホが登場したばかりの頃であれば、
ヒットは無理だったはずです。

ヒット商品になれるか否かは、時代がわずか数年ずれても大きく
明暗が分かれます。中には時代を数年先取りしすぎたために長続き
しなかったゲームもあります。

ポケモンGOは、現実の風景でポケモンをゲットするというそのセンスが
大きなヒットにつながったと言えましょう。

また、対戦できるジムを用意したこともヒットの要因です。

スマホの画面を通して見ていても現実世界にポケモンが出現することで、
ポケモン世界(顧客が求める理想世界)と現実世界が限りなく近く
なったわけです。顧客はポケモンという商品を通じて、

・顧客の機能的価値(ここではポケモンを捕まえて、ジムで対戦できる)

・感情的価値(実際にポケモンを捕まえて対戦させることに面白さを
感じた顧客はますますポケモンが好きになる)


・自己表現的価値(ポケモンを手に入れたり対戦で勝利したりすること
に満足し、それをしている自分が好きになる。他人に自慢を出来る)


などを高めることが出来ます。

ポケモンGOについては配信方法に問題があり、マイナス面も大きく
出てはいますが、センスやヒット商品の生み出し方に関しては
学ぶべき点は多いでしょう。

ネットビジネスの時代性

時代性という観点からは見るとネットビジネスはヒットの要素を含んでいると
言えます。パソコンとネット環境さえあれば、何時どこにいても出来ます。

今のビジネスは、ネット環境無くして成り立ちません。
また、時間に縛られずに、好きな時に好きなだけ働くというのも、
今の時代に合っています。

ネットを使って人の役に立つ情報を売る、これが現代のビジネスです。
ネットで困っている人に対し有益な解決策を提示する、これこそが
時代の求めているものです。

今後、さらにネット社会は進科を遂げて、我々が想像もつかないような
新たなネットビジネスを生み出す時代が来るかもしれません。






[`yahoo` not found]
Pocket