[`yahoo` not found]
Pocket

1d4da818853505f5cac91fa43697bfcc_s
ここでは、商品やサービスを販売するための
ターゲットとなる顧客をどう絞り込んでいくのか、
解説していきます。



ネットビジネスをされる方は、きちんと学んでいってください。

マーケティングでは、
どのような層の客に販売していくのかターゲットを絞ります。
対象となる顧客の年齢、性別、職業、収入はいくらぐらいか、
様々な条件で絞り込んでいきます。

また、家族環境、生活環境などによっても変わってきます。
住宅や自動車などを販売するときは、
家族環境、生活環境によってもかなり変わってきます。

これがマーケティングのターゲットとなる顧客を絞り込んでいく
基本的な部分です。

マーケティングは商品やサービスのブランドを構築する
ブランディングとも深くかかわっていきます。
ブランディング基礎

ターゲットをうまく絞り込めないとお客さんの共感を得られない


マーケット戦略では、ターゲットとなる顧客を絞り込むことを
ターゲティングと言います。

いい商品を販売していても、ターゲティングがうまくできていないと、
商品やサービスが売れなかったりします。

ターゲットとなる顧客層は、実は全ての顧客が対象であったり、
その部分がうまくできていない企業が多いです。

例えば、あなたがお菓子の新商品を企画販売するとしましょう。
まずはお菓子を購入する客の層を絞り込みます。
若者なのか、子供なのか、働き盛りの人か、男性か、女性か。

若い女性向けに販売するなら、パッケージを可愛くおしゃれに。
商品のネーミングも若い女性を意識したものを作っていきます。
一般的にこの層の顧客はダイエットに敏感なので、
カロリーを控えた商品にする、これらもマーケティングです。

このようにターゲットを絞り込んでいくと、
売りたい客はどういう客か、どのような商品を売ればいいのかというのが、
より具体化していきます。

ターゲットが決まったら、実際にそのようなお客さんがいるか
リサーチしてみる必要があります。

普通にお菓子を食べる層、ダイエット中の層、
どちらの層でも食べられるようなお菓子がいい。

また、このお菓子を食べた人が何を望んでいるか、
もう少し、発展させてみましょう。

「ダイエット中ではないが太りたくない」(体形を維持したい)

「ダイエット中でも食べられるカロリー控えめのお菓子だが、
美味しくなければ嫌だ」
「ダイエット食品ぽいのは美味しくないので普通に食べられるものがいい」

お客さんは実に様々なことを求めていますね。

このようにリサーチすることで、
ターゲット層が何を求めているのか
また、どんな不安や悩みを抱えているのか

よりお客さんの求めているものが、
明確化していくはずです。

747b8f2a4054fb149a68268ee2a20fb9_s


お客さんのことを思い、コンテンツを作成していく、
その繰り返しで自然と共感を得られる言葉が書けるようになってきます。

セールスは言葉が大事です。
その相手を思いやるひとつひとつの言葉が、
お客さんの心に響き、やがて信頼に繋がっていきます。

サイトに訪れるお客さんの像を想像してみましょう。
あなたの商品を買ったお客さんが幸せになる姿を
想像してみて下さい。

お客さんから共感されれば、自然とあなたを支持する人達は増えます。
あなたの一番大切な人を幸せにするつもりでサイトを作成して下さい。
あなたを支持してくれるお客さんは、
いずれあなたにとってかけがえのない人になっていきます。


[`yahoo` not found]
Pocket